可愛い美女と海底の楽園「竜宮城」を楽しめるお店竜宮DAYSの体験談

新宿・歌舞伎町

今回は、朝からミニスカの制服の可愛い子と遊べちゃうと評判の竜宮DAYSさんで楽しんできたので、その時の模様雄を書いていこうと思います。

いちゃいちゃできる秘密のお城竜宮DAYSってどんなお店?

今回遊びに行った竜宮DAYSさんは、新宿駅東口か徒歩5分、区役所通り交差点スグの第一オスカービル5階にあるお店です。
潜水艦セクキャバ」をコンセプトに業界で初の朝からオープンしているお店で、夜勤ばっかで普段はセクキャバを楽しめ
ない方朝からお酒を楽しみたい方など、様々な人が楽しめる人気店となってます。

女の子の在籍数も多く、イケイケなギャル系、ほっこり大人しめの清楚系、色気のある大人の綺麗系など様々なタイプ
の子が勢揃いしております。
また、女の子のコスチュームも普通のドレスではなく、制服や水着、ランジェリー姿などを着て接客してくれます。
料金体系についてですが、時間帯に料金が違い最安は40分6,000円からとなってます。

22時以降は40分10,000
円なので少々高いので、早めの時間帯に遊ぶのがおすすめです。
また、普通のキャバクラ同様に指名や同伴システムもあるので、気に入った子と、独り占めして遊ぶ事も可能となってま
す。

何やら、朝から楽しめるお店を見つけてしまいました。

とある休日。
秋葉原にふらっと遊びにでも行こうと思ってました。
秋葉原に行きましたが、特にする事もなく、回転寿司喰って、デリでも呼ぼうとサイトを覗いでました。

すると、ついつい、セクキャバの情報も検索してました。
僕「あれ、この時間でもセクキャバやってる!」
昼キャバの存在は知ってましたが、まさかセクキャバもやっているとは知りませんでした。
当然、スケベで酒好きの僕は行かない訳にはいきません!

早速、山手線に乗り込み新宿駅に向かいます。
お店の場所を地図アプリで探すと、区役所の交差点近くのビルでした。
時間は、まだ14時。
嫌な客引きは全く居ないので、歩きやすいです。

いよいよお店に入店。そこは・・・。

表には、店員が立っていました。
僕「すいません。竜宮DAYSさんってここでいいんですか?」
店員「そおですよ。お遊びになっていきますか?」
僕「はい、お願いします!」

夜のお店の強引な客引きとは違い、丁寧な対応は印象が良いです。
店員に案内され、店内に入ります。
外の明るい世界とは違い、もう店内は夜の雰囲気。
潜水艦をモチーフにしていて海底を思わせる映像が流れており、BGMがガンガンに鳴り響いております。

入口側の待合室にお客が2人ほど座って待っていて、込み合ってはいない模様です。
当然、初めてなので、店員からシステムを説明され、ドリンクを注文します。
店員「今あまり混んでませんので、直ぐにご案内となります」
そう言われると、先程の2人のお客と同時に案内されました。

フロアは思ったより広く、20ぐらいのブースがあり、きちんとお客同士が見えないように遮りも高めにされてました。
そして、ブースのソファに座ります。

いよいよ女の子が登場。だが・・・

今回は、フリーなので、女の子が立ち替わって2人やってくるとの事。
最初にやって来たのは、あどけなさの残るかわいい系の女の子でした。
女の子は、ミニスカの制服を着ており、まさに女子高生に見えます。
女の子「初めまして、〇〇です」

自己紹介の後、普通に会話をしていきます。
しかし、ここはセクキャバ
そんな会話だけでは普通のキャバと何ら変わりありません。
女の子を抱き寄せキスをしようとしましたが

女の子「すいません、キスできないの・・・」
僕「だって、ここセクキャバだよね・・・」
女の子「でもダメなの」
ああ、もう興ざめ。

普通のキャバでも隠れて軽くキスをしてくれるのに。
しかも女の子の胸を触ろうとしたら、これも拒否られる始末
完全に、冷めてしまった僕は、適当に会話をして、女の子の交代となりました。
そして、直ぐに違う女の子がやって来ます。

次にやって来た女の子は・・・。

女の子「初めまして。今日はヨロシクね(#^^#)」
次にやって来た子は、笑顔が素敵なギャル系の女の子が来ました。

服は先程と同じ、ミニスカの制服です。
僕「ねえ、〇〇ちゃん(1人目の子)って新人さん?」
女の子「○○ちゃん?体験入店の子かなあ。あまり知らな~い」

どうやら、体験入店の子みたいで、あんな接客態度だったみたいです。
僕「だって、キスどころか、何も出来なかったよお」
女の子「そっかあ。それは残念でしたね。じゃあ、私がたっぷりサービスしてあげますから」
見た目のギャルな感じとは違い、物凄くきちんとした接客態度です。
女の子「ねえ、お客さんの上に乗っかって良い?」

僕「もちろん!」
女の子は僕の上に乗っかると強く抱き着いてきます。
そして、濃厚なディープキスをしてきました。
女の子「ここも、触って良いよ(*^^*)」

キスをしながら自分の胸を触り、胸を触っても良いようにブラウスのボタンを自ら外していきます。
そして、女の子の胸を揉んでいきます。
あまり大きくないサイズですが、美乳好きの僕からしたら、ちょうどいいサイズです。
女の子「お客さんの硬くなってるう(#^^#)」

僕「だって、こんなに抱き着いたら立っちゃうでしょうよ。しかも可愛いし」
女の子「もう、私そんなに可愛いくないですよお」
そう言うと、女の子は僕のドリンクを口に含み、口移ししてきます。

女の子「美味しい?」
僕「うん、□□ちゃんの味そのもの!」
女の子「もう、何言ってるんですかあ~」
女の子は、再び口移し。

そして、僕の耳を舐めてきたりかなり積極的です。
店員「そろそろ、お時間ですが、延長なされますか?」
僕「はい、延長と指名お願いします」

そう言うと
女の子きゃあ、ありがとう。
だ~い好き(*^-^*)
再び強くキスをしてきました。

その後、僕の胸や息子を触ってきたりずっといちゃいちゃしてくれました。
エ〇チしたいのに、できない状態なので、悶々としてしまいました。
女の子「今日はありがとうございました。また遊びに来てね(#^^#)」

僕「うん、また来るね」
お互いにLINEも交換し、ブースを出ます。
最後にまたディープキスをしてもらいお別れとなりました。
悶々とした僕は吉原の激安ソープで、可愛くもないBBAを抱いて抜いて帰宅しました。

今回の体験談のまとめ

日中のセクキャバは初めてでしたが、かなり楽しむことができました。
夜のセクキャバとはサービスも同じで、しかも日中の方が安いので、また行きたいと思います。
ただ、今回の遊びで残念だったのは、体験入店の子が最初について、セクキャバとは思えない酷いサービスを受けてしまったことです。
もう少し、お店側の教育や体験入店時の女の子への説明などしっかりして貰いたいと思います。
ただ2人目についた子が抜群にサービスが良かったのが救いです。
このように、夜営業のみのセクキャバとは違い、様々なタイプの子がいるので楽しめる点、もしかしたら全然サービスもしない子もいるので注意が必要かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました