江戸時代の花魁遊びを朝から楽しめちゃうお店大江戸歌舞伎町朝の体験談

新宿・歌舞伎町

今回は、他のセクキャバとは違ったものを味わえるという噂の大江戸歌舞伎町朝さんに遊びに行く機会がありましたので、その時の模様をお伝えしていこうと思います。

和装スタイルの激カワキャストと遊べる大江戸歌舞伎町朝ってどんなお店なの?

今回遊びに行った大江戸歌舞伎町朝さんは、新宿駅東口から徒歩6分の三経ビルの地下1階にあります。
数ある歌舞伎町のセクキャバの中でも「和装スタイル」をコンセプトにオープンから10年以上営業している、老舗中の老舗です。
また、早朝の6時から営業となっていて、お店も朝の部(06:00~18:00)、夜の部(18:00~LAST)と営業スタイルも変えております。
在籍している女の子は、20代前半の子で、可愛い系や綺麗系の子も勢揃いしております。

昼キャバならぬ朝キャバ。またみっけ!

しかし、新宿歌舞伎町という町は、いつ眠りにつくのでしょうか?
吉原も早朝営業しているんですが、当然0:00には閉店します。
今回、遊びに行こうとするお店は早朝06:00~の営業でしかも、夜の部も18:00~LAST
(歌舞伎町でのLASTなんて朝方でしょう・・・)

という、ほぼ24時間営業に近いお店です。
このお店を見つけたのは、実は「竜宮DAYS」に行ってから、昼から営業しているセクキャバに興味を持ってしまったからです。
検索してみると、まああるじゃないですか。

しかも、早朝6時から営業しているお店が。
また、花魁の衣装で対応してくれるなんて、何とも素敵なシチュエーション。
まあ、朝から酒を煽るのも何だか、気が引けますが休日を利用して行ってみる事にしました。
今回は、友人を引き連れて行きます!

いよいよ休日。行ってきま~す

友達とは、新宿駅で合流。
歌舞伎町は、やはり人がまばらです。

お店は地下にあり、階段で降りていきます。
店の前には、誰もいません。
少し、緊張しながら意を決して扉を開けます。
僕すいません、初めて来たんですけど今遊べますか?

店員今行けますよ。
どうぞこちらに
若い店員が受付に居て、中に案内します。
店員今混んでないのですぐにご案内となります。

では初めての利用という事で当店のシステムを説明していきます
と言われ長々とシステムを説明を受けます。
僕らは飲み物頼み、靴を脱いで、席へと案内されました。
店内は、流石に外の明るさまでにはいきませんが、思った以上に明るく、赤の内装がとても素敵です。

ただ、和装のお店なのでもっと「」を強調してもいいのではと思いました。
まずは、システム通りに、洗面所に行って手洗いと歯磨き、うがいをします。
衛生面は某ピンサロとは違い徹底的にされております
その後、席に案内されます。

席には事前に頼んでおいた飲み物が用意されてました。
朝からの焼酎は体に染みわたります。
他にお客が数名いる模様です。
そして、10分ぐらい待つと、女の子がやって来ました。

1人目の女の子が登場。

最初にやってきた女の子は、目がパッチリとしたキツネ顔の綺麗な方でした。
身長も高く、スタイルもバッチリです。

女の子〇〇です(*^-^*)。
宜しくね
ルックスからして少しツンとしていて怖い印象とは違い明るくて話しやすいです。
しかも、ずっと話してくるので、何か普通のキャバクラに来ているような感じになってしまいます。

それでは、いかんと女の子に抱き着き、胸を揉みながらキスをします。
女の子は目を瞑り僕の頭を掴み離れようとしません。
僕よし、このままいくぞ!
とディープキスをしようと舌を入れようとしましたが、頑なに歯でガード

折角盛り上がって来たのに、もうつまらなくなってしまいました。
なので、もうキスも止め普通に会話をしました。
容姿は良かったのに残念です。

2人目の女の子が登場。

2人目にやって来たのは、これまたお目目がパッチリとした女の子で、岡副真希さんに似ております。
スタイルもかなりのスレンダーボディで腕がポキッと折れそうなほど細いです。
女の子◆◆です。
よろしくお願いします。

まあ、しっかりと挨拶もできる良い子です。
女の子まだ、慣れてないので、何かおかしな事あったら言って下さいね(*^^*)
恥じらう姿に、もうメロメロになっちゃいます。
僕そんな、何もおかしなことなんて起こらないでしょ。

君は、そのままでいいんだよ
少し、気取った事を言っちゃいました。
女の子ありがとうございます
新人さんの女の子からは、攻めてくる事もないと踏んだので

華奢な体を抱きしめ軽くキスをします。
そして、一人目の女の子で出来なかったディープキスをしてみると
女の子も舌を絡めて濃厚なキスに応えます。
そして、小さめの胸を触ると、口の中で少し喘ぎました。

僕乳首は弱い?女の子うん。
でもおっぱい小さいから・・・
僕そんな事ないよ、余り大きい人は好きじゃないから

女の子・・・
女の子は無言になり、先程よりも僕を強く抱き着いてきました。
ホントに新人さん?と思う程積極的になってきました。

女の子はおもむろに僕の息子を触り始めるので、息子は大きくなってしまいます。
僕ああ、もう・・・好き!
女の子・・・・(*^-^*)
そして、お互いに愛し合うようにキスをし続けると何と時間になってしまいます。

店員お時間なんですが、延長はどうされますか?
友達の方は、延長しているのかどうかも分からなかったので
僕終わりで良いです
と店員に告げます。

僕もう、終わりだって。
このまま◆◆ちゃんと遊びに行きたいな
女の子ありがとうございます。
でも、何もできずごめんなさい

もう、何度謝ってくれるんでしょうか。
最後に僕から連絡先の交換をお願いしたら、女の子は快く承諾。
一緒に手を繋ぎながら、フロアを出ます。
靴を履いて、再び抱き着きながらキス。

ああ、延長をしておけば良かったと後悔しながらお店を出ました。

まとめ

和装のセクキャバは初めてだったんですが、今回のお店は、「和」の特徴を生かし切れてない印象でした。
女の子に関しては、可愛い子で良かったんですが(1人目はサービスが×でしたが)

やはり、「和」を強調するなら、接客するキャストが30代の色気のある女性あるいは、浴衣姿の方が良いかもしれません。
ただ、新人の子は、まじ可愛いかった!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました