店舗数が少ないエリアでも都内屈指のハイスペック美女と遊べる『ClubGilgameshNight』の体験談

目黒

今回は、目黒というセクキャバの不毛地帯でも、ハイスペックな女の子が多いと噂『ClubGilgameshNight』さんに
突撃し、噂の真相を確かめてまいりましたので、その時の模様をお伝えしようと思います。

『君はなんて素敵なんだ・・・』誰でも入るとそう思わずには居られない『ClubGilgameshNight』ってどんなお店?

今回遊びに行ったのは『ClubGilgameshNight』さんと言うお店で、目黒駅から歩いて1分の、甲揚ビル地下1階に
あります。
目黒エリアは、オフィス街ということもあり、夜はそれほど騒がしくはありませんが、駅周辺には飲食店が多く立ち並び、仕事帰りのサラリーマンで多くの方が楽しんでおられます。

そんな目黒エリアですが、セクシー系のお店は少なく、今回のお店も貴重な存在として隠れた名店となっております。
評判はエリアのみならず都内でも屈指のハイスペックな美女が多いと噂になっているほどで、遊び慣れた玄人の方にも人気を博しております。
お店のキャストは、ただ若くてスタイルの良い子でなく、接客をきちんと行える高級キャバでも通用しそうな子のみを取り

揃えており、在籍数も常に20名以上いるので、頻繁に通っても飽きが来ません。
料金体系は、23:00までの入店で40分6,000円、23:00以降は40分8,000円と標準的ながら、23;00以降で料金が変わるという他店よりも遅めの時間でも安く遊べるのでとても良心的です。

今日も変態取引先の方との遊びです。

当日は、美人ちゃんも勉強という事で一緒に五反田のいつもの取引先に来て今後の業務について会議をしておりました。
この取引先は、僕の変態パートナーがいる会社であり、いつもの流れで飲み→キャバの流れです。
業務中も変な相談するんですが、美人ちゃんが居るのでそういきません。

会議も終わり、会社には戻らずまずはいつものように飲みに行くきます。
僕『なあ、△△さん(美人ちゃん)も飲んでく?』
美人ちゃん『いや、今日は待ち合わせがあるので、すいません』
僕『そっかあ、それは残念・・・』
取引先の方『そうだなあ。
また、○○(僕)と一緒に来た時連れて行くね』
美人ちゃん『ありがとうございます。今日は楽しんできて下さい!(o^―^o)ニコ』

変態オヤジ2人は、美人ちゃんの笑顔にやられております。
という事で、無事に2人だけになりどこに行くかを相談します。
僕『今日は、ここ(五反田)にしましょうよ』
取引先の方『いやあ、目黒の方に良いお店あるんだけどなあ・・・』
僕『あらあ、また違う所なんすか。五反田にも僕おすすめのお店有るんだけどなあ』
取引先の方『まあ、そう言うな。今度はお前の言う事聞くから・・・』
僕『分かりましたよ』

仕事を片付け、タクシーでまずは取引先の方のいきつけという焼き肉屋に行きます。
そのお店は、路地裏にあり、とても繁盛しているような外観でありませんでしたが、お客で溢れかえっておりました。

取引先の方『よお、2人入れない?』
焼肉屋の店主『奥にスペース作るからそこに行って』
本当に顔馴じみらしくお店が混んでいて他のお客を断っていても、取引先の方だけは入れるらしいです。

お店の方が普通に休んであるところにスペースが作られ、僕らはお客の顔を一切観ずに焼肉を楽しめます。
肉も抜群に上手く、かなりの量を平らげました。
しかも、会計もおまけしているのか
焼肉屋の店員『いつもどうもね。◎◎さん(取引先の方)は、○千円ね』
と切りの良い値段を示されました。
取引先の方『また、来るね』
と言いお勘定し、お店を出ます。

しかも、匂いを消す消臭剤も貸してもらえました。
僕『いつも、あんなんすか。しかもかなりまけてますよね』
取引先の方『うん、もう小さい頃から来ているしね』
と自慢げに話します。
取引先の方『お前が一人で来たら恐らく、とんでもない料金になるぞ、今日は』
僕『いやはや、流石は社長!』
と取引先の方を持ち上げながら目的のお店に歩いて行きます。

路地裏から出ると酔っ払いのサラリーマンが笑顔で歩いており、日本はまだまだ平和だなあと感じます。
歩いて10分ぐらいでお店の入っているビルに到着しますが、とてもセクキャバなどは入っているように見えません。
取引先の方についていき、地下に下りていくとお店があり、扉を開け入店します。
受付には誰も立っていませんでしたが、カーテンの向こうから店員がやって来ました。

店員『お待たせいたしました。お二人さまですね』
取引先の方『うん、俺は□□さんでお願いしたいけど、連れは初めてです』
店員『かしこまりました。□□は、接客中なんで少しお待ちいただけますか?』
取引先の方『構わないよ。じゃあ、連れも一緒で良いかな』
店員『了解です。では、中でお酒でも飲みながら待って下さい』
とフロアで待っても良いとの提案がされました。

取引先の方『良いよ。お前はそれでもいい?』
僕『良いっすよ』
という事で、僕は料金を安くしてもらい支払い2人はフロアに向かいます。

平日という事ですが、お客がかなり居て楽しんでおります。
混んでいる状況ながら、別々な場所に案内され、焼酎の水割りを飲みながら女の子がやって来るのを待ちわびます。
サービスで女の子つけてくれないかなあ・・・
と思い飲みながら20分。

ようやく、最初の女の子がやってまいりました。

最初の子は・・・

『はじめまして~』
やって来たのは、クリリお目目が特徴的なロングヘアの綺麗な子がやって来ました。

見た目は、派手な外見ながら、声はアニメ声のように高く、そのギャップに少し驚きました。
スタイルはスレンダーで、胸はそんなに大きくなく推定Bカップあるかないかですが、顔が美形なので気になりません。
女の子『今日は、お仕事帰りなんですか~』
僕『うん、大事なお仕事の帰りでね』
女の子『へえ、どんなお仕事なんですか?』
僕『そんな言えるような自慢する仕事でないよ』
女の子『もう、もったいぶらないで教えて(*^^*)・・・』
僕『う~ん。○△×・・・』
女の子『へえ、全然分からない。でも、凄そうなお仕事~』

そんな会話が続き、お互いに打ち解け合います。
女の子『ねえ、私も何か飲みたいなあ(*^^*)』
僕『どうしようかなあ~』
女の子『お願~い』
僕『良いよ!』
女の子『わあ、ありがとう!嬉しい』

まあ、こんな事をどのお客にも言っているんだろうなあと思いながらお酒をプレゼントします。
カクテルらしきものが運び込まれ、女の子と乾杯します。

しかし、どうもアニメ声の女の子とはエロい雰囲気に慣れずに普通のキャバで女の子と話す感じになります。
女の子もサービスを開始するわけでもないので、聞いてみます。
僕『ねえ、ここってお触りOKだよね・・・』
女の子『大丈夫ですよ。久々に来たから忘れちゃった・・・』
僕『おいおい、ここってセクキャバでしょ。と言うより君ってそんなにお店に出勤しないの?』
女の子『うん、バイトだからね。忙しい時に来る感じかなあ・・・』
『ええ・・・そんな出勤スタイルも有りなの?』

と不思議に思いながらエロい雰囲気がないまま女の子を抱き寄せます。
女の子『わあ~、何かこうやって抱きしめられるの好き~(*^-^*)』
と言うと女の子はキスをしてきました。
先程の雰囲気から一変し、エロい雰囲気になります。

しかも、女の子の表情は美形な顔のおかげで目を瞑ると妖艶なものになり、アニメ声は気にならなくなります。
小さなおっぱいちゃんを触るとのけ反り、もっと触って欲しいのか胸を突き上げます。
ドレスの上からおっぱいちゃんや女の子の細い脚を摩ると、悶えてくれます。
楽しんでいると、店員がやって来て女の子の交代を告げられます。

店員『間もなく、女の子の交代です』
僕は、フリーでの安い入店なので指名もできないので女の子はそのまま去っていきます。
何故か、お別れの挨拶も無く。
『最後何か俺、気に障る事したかなあ・・・』

そう思っていると、次の女の子がやって来ました。

2人目は・・・『うお!!!』

『こんばんは~』
次にやって来たのは、先ほどの子も充分に綺麗なのですが、何か格の違う綺麗さを持った美女でした。

年齢も20代後半の落ち着いた感じで、高級クラブに居てもおかしくないぐらいです。
女の子『お隣良いですか?』
僕『うん、良いよ』

ミニスカのドレスからのびる美脚も素晴らしく、思わず触ってしまいました。
女の子『あら、お客さん。結構、積極的なんですね』
僕『だって、こんなに綺麗な脚しているんだもん。触りたくてしょうがないじゃん』
女の子『まあ、そんなに褒めて頂いて嬉しいです。でも、私みたいなおばさんでがっかりしない?』
僕『どこが、おばさんなの?めっちゃ綺麗じゃん!』
女の子『だって、もう2○歳ですよ』
僕『いあいや、一番いい時だよ。若い子にないエロさもあるし、俺は君みたいな感じが好きだしなあ』
女の子『もう、褒めないで下さいよお。照れちゃいます』

照れながらも、僕の手を握ったりと、雰囲気造りも上手で、自然と笑顔になります。
女の子『すいません。私も何か頂いても良い?』
僕『もちろんだよ。君と乾杯しないと何も始まらないからね』
女の子『ありがとうごあいます!(^^)!』

店員にドリンクを注文すると、アニメ声のさっきの子が歩いておりました。
何故か、その子は僕を見てウインクをして来たので、撃たれた仕草をすると笑っておりました。
女の子『あの子、滅多に来ない子なんだ。もしかして、私の前についた、あの子?』
僕『うん、そおだけど・・・。なんで分かるの?』
女の子『お客さんの近くに私居たからね(^^;)。でも、あの子があんなに笑顔でいるの初めて見たし、お客さんってもしかして凄い人なの?』
僕『何言っているの~。俺、何もしてしないし、逆に最後別れるとき何も挨拶も無かったから逆に嫌われたのかなあと思ったんだけど・・・』
女の子『それって、あの子がお客さんに惚れてしまったんじゃないの?』
僕『んな訳ないでしょ。俺みたいなオヤジを』
女の子『えっ、でも私はお客さんタイプだなあ(#^.^#)』

そう言うと、僕の肩に顔を乗せて甘えてきました。
おいおい、マジで好きなんか・・・
と思っていると店員が女の子の飲み物を持ってきました。
乾杯した後、女の子は再び僕の肩に頭を乗っけてきます。
女の子の表情を見たくなり顔をどかせうとすると目をとろんとさせ
女の子『ねえ、キスして・・・』
と言ってきます。

まるで、2人はお互いに惹かれ合うようになり僕は、女の子の顎をキスしやすいようにクイッとう動かすと女の子は目を瞑ります。
女の子の唇は乾燥もしておらず綺麗であり女の子の表情と共にずっと見ていられます。
僕は、そのままキスをせず抱きしめ、僕『好きだよ・・・』
禁断の言葉を言ってしまいました。
もう、完全に恋に落ちちゃい、こんな気分になったのは、久々であり、心臓もドキドキしてます。
抱き着くのを止め、女の子の顔を持ちあげようやくキスをすると、雰囲気も最高潮になり、ホントに蕩けそうな感じになります。
エロいといった雰囲気はとうにすぎ、誰も近寄れない空気感に包まれ、お互いにキスをし続けます。

ディープキスもしましたが、いつもとやっている事は同じながら、雰囲気がそうさせるのか熱く感じました。
お互いに背中を摩りながら燃えるようなキスは何度も行っていると、その空気感を壊すように店員がやってまいりました。
『ああ・・・もう、終わりかあ・・・。一人で来たなら、絶対に延長するのになあ・・・』
少し残念がっていると
店員『すいません、ご相談なんですがお連れ様が延長したいとの事でお客さま次第との事ですがいかがいたしましょうか?』
僕『指名延長しても良いの?俺、是非したいんだけど・・・』
店員『かしこまりました。では、お連れ様にもお伝えいたしますので』
いやあ、僕の願いが叶いました\(^o^)/

まあ、取引先の方も、お気に入りの子ならもっと遊びたいんでしょうね。
女の子『こんな、私で良いの・・・。ありがとう』
再び僕の肩に顔を乗せ手をぎゅっと握ってきます。
お酒もプレゼントし、再び熱い熱い雰囲気になり、キスをし続けました。
ここまでキスしたら、いつものセクキャバなら飽きて疲労感ばかりなるのですが、今回はそんな事も無く、逆にもっと居た
い、もっとキスしたいと感じました。
でも、そんな甘~い時間はすぐに終了を告げられてしまいました。

取引先の方も延長はしないようで、残念なお別れとなります。
女の子『このまま、私を連れてって・・・』
僕『そお、したいけどね』
女の子『じゃあ、連絡先教えて・・・』
僕『うん』
連絡先も交換し、僕は最後まで独身であると嘘をついてしまいました。
女の子から見送ってもらいながら受付まで行き、取引先の方と合流します。

僕『俺、ヤバい事言ってしまった・・・』
取引先の方『えっ?そんなにヤバい事女の子に言ったの?』
僕『うん、だって恋に落ちちゃったもん。「好きだよ」と言ってしまってね。女の子も何か本気みたいだったし・・・』
取引先の方『なあに。そんなの俺は毎回だよ(笑)』
やっぱり、上には上が居るもんですね~。

まとめ

いやあ、やばいお店でした。
こんな素敵なお店が目黒にもある事自体、奇跡と言っても良いです。
料金も高くないし、女の子のレベルも最高なので、誰にも教えたくないほどです。
特に2人目の子とは、本気で好きになってしまい、このまま行ったらプライベートでも会ったりして、不倫になった事でしょ
う。
なので、しばらくはこのお店には行かず、僕の恋が落ち着いたら遊びに行こうと思います。
また、噂の真相は確かなものであり、機会があったら行ってみるべきお店と言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました