五反田最強の新感覚のセクキャバで、花魁の美女たちと楽しく遊べるLAVOの体験談

五反田

今回は、五反田エリアで他店とひと際一線を画すサービスで話題のLAVOさんに行って、久々の和風セクキャバを
堪能してきましたので、その時の模様をお伝えしようと思います。

「日本人ならやっぱ花魁衣装でしょう!」魅惑がいっぱいのLAVOって一体どんなお店?

今回、突撃したのはLAVOというお店で、五反田駅から歩いて3分のセクキャバが密集しているサンユービル1階に
あります。
和風のセクキャバとしては、エリアで唯一という事もあり、多くのお客さんで連日連夜、賑わっており、口コミ評価もかなり高くなっております。

在籍している女の子は、ギャル系が多く、一見、和装が似合いそうでありませんが、衣装は和風のミニスカなので、とてもよく似合い、興奮する事間違いなしです。
料金体系についてですが、時間帯にかかわらず40分8,000円ととてもシンプルで分かりやすく、遅めの時間に行っても安く遊ぶ事が出来ます。

キャバクラならではの同伴システムは残念ながらありませんが、指名や延長システムはありますのでお気に入りの子を独占して遊ぶ事は可能です。

久々の和風セクキャバに興奮が隠し切れません!

うっそ~。

五反田にもあるんだあ・・・
おもむろにセクキャバの口コミサイトを見ていると五反田にも和風セクキャバがある事を発見しました。
歌舞伎町の和風セクキャバには何度も行っており、おいしい思いをしていたので、五反田でも堪能してみたいと願望が沸いて出てきました。

平日ではありますが、いつものバーに行きたくなったので、仕事を早々に片付け五反田に向かいます。
後輩たちを誘うのもありなんですが、何せ奢らないといけなくなるのが目に見えているので、今回は誘いません。
五反田に着き、いつものバーへ行くと、お客は誰もおらず、バーテンダーとは、楽しく会話が出来そうです。
最近の僕は、ゴルフを趣味にしておりゴルフの話題で盛り上がります。

当然、今ときめく渋〇日〇子ちゃんの話しになり、少しばかりエロいトークも交えます。
あっと言う間に楽しい時間が過ぎます。
バーテンダー「今日はお店閉めちゃそうかな。客来なさそうだし」

僕「じゃあ、一緒にどっか行きません?」
バーテンダー「いえいえ、閉めた後も仕込みとか準備がありますんで」
僕「そおなんですかあ。では、次一緒に(ゴルフのスイングをしながら)行きましょうよ」

バーテンダー「是非!」
という事でオジサンたちの会話が終わり、僕はお店を後にします。
お店の場所は把握していたので、歩いて向かいます。
平日の夜で、寒い事もあり人通りが少なく歩きやすいですが、それに反比例するかのように客引きが一生懸命に声掛けを頑張っておりました。
今日は、どこも暇なんだろうなあ
数ある客引きを無視しお店の入っているビルに到着すると今回のお店がお目見えします。
店前に客引きがいるので声を掛けてみると店員であり、直ぐに遊べるとの事で扉を開き受付に行きます。

店員「お一人様ですか?今日は、閑古鳥鳴いていて暇ですよ~」
僕「外寒いからねえ~」
料金は、割り引いてくれ、直ぐに案内したいのかシステムの説明もなく、直ぐにフロアへと案内されました。

フロアの造りは、和風といった感じがないのが残念であり、普通のソファーが置いてあります。
まあ、歌舞伎町の和風セクキャバもソファーなので、別に気にはなりません。
店員に焼酎を頼み待っていると、最初の女の子が先にやって来ました。

女の子は・・・金髪のギャルです。でも、サービスは抜群!

「こんばんは~」
やって来たのは、金髪のスレンダーギャルでしたが、渋谷に居そうなギャルでなく、東京に憧れている地方に居そうな感じの子で(どう表現したらいいか分かりません・・・)、可愛いらしさと共に綺麗な感じもあります。

身長も高く、脚も長いので衣装がかなり似合っております。
僕「わあ、綺麗だね」
女の子「ありがとうございます。可愛いよね、この衣装」

僕「衣装じゃなくて、君の事!」
女の子「わあ、そんな事みんなに言っているんでしょう。お客さんチャラそうだし」
僕「おい、そんなに俺チャらく見える?俺4〇だし、娘なんて高校卒業するんだよもう」

女の子「ええ!!!全然みえないですね~。こんな格好良いお父さんだったら自慢しちゃうなあ私!」
僕「いやあ、そんなにべた褒めされると照れるなあ。でも、頻繁に女遊びしている親父は嫌でしょ?」
女の子「う~ん、確かに(^^;)」
楽しくなってきたところで、女の子にもドリンクをプレゼントし、雰囲気を盛り上げていきます。
ドリンクも運び込まれ、乾杯すると

女の子「お客さんといると何か楽しいなあ。上に乗っちゃって良い?」
僕「良いよ女の子いっぱい、サービスしちゃおう(*^-^*)」

そう良いながら美脚を広げ上に乗っかって来ました。
女の子「ねえ、キスして良い?」
僕「うん!(^^)!」
いつもは僕が言うセリフを女の子の方から積極的に言ってくるので、興奮しちゃいます。

キスも抜群に上手く、舌を器用に使い僕の口の上を舐めてきたりして、気持ち良いものです。
女の子の衣装が自然とはだけ、胸が少し露わになります。
その胸を直で触ると拒む事もなく、むしろ僕の手をもっと奥へ伸ばすように促してきます。
積極的な感じに一層興奮し、女の子のキスも激しさを増して来たら、残念な女の子の交代を告げられました。

何か、このまま女の子の交代だと勿体ない気がしたので指名する事にしました。
指名を店員に告げると、女の子は、嬉しがり強く抱き着いてきました。
ここでは、書けないような事もしてくれ(ご想像にお任せします)、終了となりました。
ブースから出る際に周囲を見るとお客が2人ぐらいしかいなく特別寒かった当日は、仕方ないと感じお店を後にしまし

た。

まとめ

当日は、どこのお店も暇を持て余している状況で今回のお店もそうでした。
逆に安く遊べぶ事ができ、しかも僕の少し苦手な金髪のギャルでしたが抜群のエロいサービスや僕を褒め殺しする言葉に、大満足の結果です。
ただ、衣装は良いのですが、和なのにブースにあるのがソファーだけはどうも頂けません。
これは、どの和風キャバにも言える点であり、是非改善してもらいたいと願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました