様々な業界経験している美女と遊べるXenonの体験談

渋谷

今回は、キャストの質が最高レべルで、有名キャバ嬢も働いていると話題のXenonさんに突入してきたので、その時のレポをしたいと思います。

有名キャバ嬢はホントに居るの?Xenonはどんなお店?

今回遊びに行ったXenonさんは、渋谷駅東口から歩いて5分の渋谷ファイブビル5階にあります。
いちゃキャバですので、セクキャバほど過激なサービスは行っておりませんが、様々な業界を経験した美女たちが集まっているとの事で、口コミでも高評価を得てます。

在籍している女の子は、10代~20代前半の可愛い系や綺麗系まで様々なタイプの子がおり、中には多数の取材を受
けた経験のある有名なキャバ嬢もいるとの事で、女の子のレベルは高いものになってます。
料金体系は、時間帯で違いがあり、22:00までなら40分6,000円、22:00~LASTまでは、40分8,000円と手頃な価格設定です。

指名システムもあるので、お気に入り子と思う存分遊ぶ事も可能です。

歌舞伎町にも飽きてきたし、渋谷に足を延ばしました。

いつも癒されに行くのは歌舞伎町なんですが、いつも歩くとガールズバーの子に声を毎回声を掛けられて少しウザくなっ
てました。

ガールズバーの店員「ねえ、お兄さんいつも逢うんだけど、いつ来てくれるのよ~」
僕「いやあ、今忙しくて・・・。来週には顔を出すよ!」
ガールズバーの店員「絶対だよ!」

と毎回こんな状態です。
しかも、お店に強引に連れていくような行動をしてきたので、もうこの子とは逢いたくもありません。
そんなんで歌舞伎町には、行きたくもないのですが、それでもセクキャバには行きたくてしょうがない僕は、新たなエリアを開拓する事にしました。

どこに行くか迷いましたが、結婚式帰りに行ったセクキャバが良かったの渋谷に向かいました。
珍しく、定時で仕事が終わり、渋谷に向かい、電車内でお店を探します。
すると、口コミ評価がかなり良く、しかもクーポンで安く遊べそうでしたので今回のお店に行く事に決定。
今回のお店はいちゃキャバで、日々の仕事で疲れていた僕はエロさよりも癒しを求めていたのでピッタリです。

お店はまだ開店時間前だったので、バーで時間を潰します。
少し、邪な気持ちで素敵な美女に逢えるのかと思いバーに入りましたが、そんな事もなく、平日という事もあり、お客は僕
を含めて2人。
マスターと他のお客と僕とで仲良くお話ししながらあっという間に21:00になりました。

このまま、お店で時間を潰すのもありだと思い始めましたが、仲良くなったお客も帰るとの事で僕も目的のお店に向かい
ます。

いよいよお店に!

歩いて10分でお店の入っているビルに着きましたが、客引きの店員が立ってなかったので、そのままエレベーターで上がっていきます。
お店に入ると受付には若い店員が3人居て、笑顔で迎えてくれました。
店員「お客様、お一人ですか?」
僕「そおです。ここのお店初めてなもんで」
店員「ありがとうございます。今日は混んでないのですぐにいけますよ」
そういうと、お店のシステム説明を淡々とされました。

クーポンももちろん利用OKで、料金を支払った後、フロアへと案内されました。
フロアは以外にも、普通のキャバクラの様な造りで落ち着いた雰囲気を感じられます。
あれ、ホントにいちゃいちゃできるの?
と心配をよそに1人目の子が店員と共にやって来ます。

1人目の子は大人な感じの子

「こんばんわ~(#^^#)」
やってきたのは、茶髪のロングヘア、身長が170cmぐらいのスレンダーな子でした。
顔も美形で、巻き髪がとてもセクシーで大人な感じがします。

僕「いやあ、綺麗ですね」
女の子「ありがとうございます。でも、私そんな綺麗でないですよ」
隣に密着して座ると、女の子の香水がとても良く、直ぐに息子が大きくなってしまいます。

女の子「お兄さん、もしかして緊張してますう~」
僕「緊張して・・・ま・・・す・・・」
女の子「そんなに緊張しないで!(*´ε`*)チュ」
すると僕の頬にキスをしてくれ、ぎゅっと抱き着いてきました。

緊張はほぐれるばかりか、余計に緊張を通り越し心臓がバクバクしてしまいました。
興奮してしまった僕は綺麗な女の子のおっぱいを触ってしまいました。
女の子「お兄さん、激しくしないでね・・・」
セクキャバでないので、直でのお触りは禁止ですが、女の子は全然拒むどころか、むしろ積極的に胸を触るように僕の手を自分の胸に当てます。
スレンダーながら見事な形のおっぱいちゃんをこれでもかと揉むと店員がやって来ました。
女の子「あっ、ヤバい・・・」
店員から見つからないように、直ぐに僕の手をどかせました。

女の子「お兄さん、ごめんね。もっと楽しみたいよね・・・」
僕「いいよ、仕方ないじゃん。出来ないのもは出来ないんだから」

女の子「実は、お兄さんが滅茶苦茶タイプなんです、このままもっと一緒に居たいな~」
女の子はそんな事を言ってくれましたが、どうも本気の感じでなく誰にでも言ってそうな営業的な誘いです。
いつもなら、浮かれて指名しちゃう僕なんですが、気分的に乗らなかったので、違う話をして遠回しに指名しないようにしました。

店員「間もなく、女の子の交代です。指名でこのまま遊べますがいかがいたしましょうか?」
僕「・・・(^_-)-☆」
僕は何も言わず笑顔で応え、女の子の交代となりました。

2人目の子はまたまた大人な子

「△△です。よろしくお願いします(#^.^#)」
次にやってきたのは、1人目の子と雰囲気が似ている、茶髪ロングヘアの子です。

身長は、先程の子より低いですが165cmぐらいのスレンダー体型。
顔も当然美形で、黒いドレスがとても似合ってます。
女の子「実は、私まだお店に来るの2回目なんです。でも、お客さんが優しそうで良かった~」

僕「そお~。俺そんなに優しくないよ!会社でお厳しいよ」
(嘘です。会社では美人な同僚ちゃんばかり見てるただの変態オヤジ!)

女の子「絶対、優しいですよ。雰囲気で分かりますよ!」
女の子も2回目とは言えそれを感じさせないトーク力で、緊張もしてない感じです。
僕「ねえ、△△ちゃんてこういうお店で働いた事あるの?」

女の子「ないですよ。でも、恥ずかしいんですけどデリで働いてました(;^_^A」
僕「!!!!!!!」
思わぬ、女の子からの返答に僕は、何も言い返せませんでした。

どういったいきさつがあるのか知りたかったのですが、失礼なのでこれ以上は聞きませんでした。
違う話題を何とか振り会話をすると、女の子は僕の手を握ってきて自分の下半身に手をあてがいました。
女の子「ホントはダメですけど、いろんなところ触って良いですよ」
僕「良いの?でも、キスの方が良いかな・・・」
女の子「内緒ですよ」
女の子はそう言うと、周りから見つからないように僕の顔を掴みディープキスしてくれました。
僕も盛り上がってしまい、ドレスの中に手を伸ばし生でおっぱいちゃんを触ってしまいました。

1人目の子よりは小さめですが、僕には丁度いい大きさで、女の子も耳元で吐息を漏らしてます。
しかし、これ以上やるとスグに退店命令されそうなので、直ぐにやめ、抱き合いながらトークしました。
楽しい時間はすぐに終わり店員がやって来ます。
店員「お時間ですが、延長はいかがでしょうか?」

僕「終了でお願いします」
女の子「ええ、帰っちゃうんですか~」
僕「ごめんね。今日は帰らんといけないんだ・・・また今度ね」

女の子「じゃあ、連絡先教えて!」
と言われLINEを交換。
交換後に再び抱き合い一緒にフロアを出ます。
気付かなかったのですが、以外にもフロアにはお客が結構いました。

女の子からも見送ってもらい、お店を出て、悶々としながら家に帰るのでした。

今回の体験のまとめ

いちゃキャバでしたが、2人とも禁止行為のお触りもOKとノリの良い子でした。
ただ、1人目の子は綺麗系で良かったんですが、最後に営業的な誘いをされ雰囲気が盛り下がってしまいました。

2人目の子は新人ながら、元デリ嬢でしたので、エロい雰囲気は抜群でした。
しかし当日は、癒しを求めていたので、出来ればほっこりできる優しい感じの子が良かったので指名や延長はしませんで
したが、エロモード全開の日だったら、間違いなく指名延長した僕でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました