朝からバスローブ姿の可愛い女の子と遊べちゃうPINEPINEの体験談

新宿・歌舞伎町

今回は、バスローブ姿やバスタオル姿の何ともいやらしい格好の女の子と遊べるPINEPINEさんに突撃してきたの
で、その時の体験レポを書いていこうと思います。

右を見ても左を見ても露な女の子!そんなお店のPINEPINEってどんなところ?

今回遊びに行ったPINEPINEさんは、JR五反田駅から歩いて3分、東五反田の島田ビル3階にあります。
ここのお店は、五反田エリアでも最高レベルのお店で、何と言ってもお風呂上がりのバスローブ姿やバスタオル姿などのエロい姿の女の子といちゃつけると連日賑わっております。
しかも、「朝の部」と「夜の部」とあり、「朝の部」に至っては、日の出から営業時間と、吉原のお風呂屋さんみたいな営業

時間であり、夜勤明けで疲れた方も癒されながら楽しむ事ができます。
在籍している女の子は、若いギャル系の女の子が多く、バスタオル姿がとても良く似合うスタイル抜群の子ばかりです。
料金体系についてですが、時間帯問わず一律40分8,000円となっており、夜の遅い時間でも他店より安く遊べるのが嬉しいところです。

また、普通のキャバクラ同様に指名や同伴も可能となっているので、お気に入りの子と存分に遊ぶ事ができます。

五反田はあまり経験ないです。

当日は、五反田で会社の同僚と飲んでおりました。
僕はあまり五反田では、遊んだことがなかったのですが、どうやら会社の同僚は庭のように遊んでいるみたいです。

同僚「なあ、◯◯さん(僕)って、セクキャバとか風俗とか行くの?」
僕「いつも歌舞伎町ばっか行っますね。そういえば五反田にもセクキャバはあるみたいだね」
同僚「そうだよ。結構面白いお店あるから、これから行かない?」
僕「いいですねえ。是非、案内して下さいよ!」
という事で、五反田に詳しい会社の同僚について行く事にしました。

一緒について歩くと無料案内所の所に到着。
同僚「ここのお店、良いぞ。行こう!」
同僚は、もう客引きには、目もくれずビルに入っていきました。

エレベーターで上がって行きお店のある3階に到着。
同僚「ここだ。行こう」
僕「う、うん・・・」

行きたいのはやまやまですが、半ば強引な感じで少し引き気味なってしまいました。
お店に入ると、店員が僕らに声を掛けてきました。
店員「いらっしゃまませ、お二人でしょうか。ただいまの時間、混んでいるので少しお待ちいただけますか?」

なかなか混んでいるようでしたが、同僚は帰る素振りもしなかったので、椅子に座って待つ事にしました。
30分ぐらいで案内となり別々のブースに向かいます。
薄暗いブースに頼んでおいたビールが運びこまれ、女の子がやって来るのを待ちます。

どんな子がやって来るんだろうか・・・。期待と不安でいっぱいです。

ドキドキしながら、緊張して待っていると女の子がやって来ました。
女の子待ったあ~
やって来たのは、笑顔が素敵な爽やかな感じの女の子がやって来ました。

茶髪のショートヘアでオレジン色のビキニのようなものを着ていて、女の子の雰囲気にピッタリです。
女の子「ここのお店に良く来るんですか~」
僕「いやいや、俺初めて来たよ」
女の子「そおなの?何かお客さんとどっかで逢ったような感じがする~」
まあ、歌舞伎町のセクキャバには散々行っているので、そこで逢ったのかもしれません。
しかし、聞いてみると、女の子はここのお店でしか働いた事がないとの返答。
もしかして、デリ?

とも思いましたが、敢えて聞かない事にします。
会話をしていくうちに段々と打ち解け、自然な流れでキスをしました。
きちんと濃厚なディープキスも受け止めてくれ、女の子の胸を揉みます。
推定Bアップの小さいおっぱいは感度が良さそうですが、脱ぐのはNGなので揉むだけにしておきます。

しかし、女の子直に触っても良いよ。
恥かしいけど・・・
と直触りOKサインを出してくれ、迷わず触らさせてもらいます。
すると乳首はビンビンに立っていて、女の子は目を瞑り気持ち良さそうな表情をします。

女の子「いやん、もうお客さん触るの上手~」
と甘えてきました。
すると、店員がやってきて楽しい時間があっという間に終了となってしまいました。
悶々とし、ホントに飼い殺しです!

2人目の子は・・・。

早くこいこい!と待っているとスグに次の女の子がやって来ました。
1人目の子と系統が同じ感じの爽やかな茶髪のロングヘアの子でした。
白色のビキニスタイルで、爽やかな感じは麦わら帽子を被せてあげたいと思いました。

会話も滑舌が良く、とても活発的な子なので、
僕「ねえ、海とか好き?あと、スポーツとかする?」
女の子「え?私はインドアで海も行かないなあ。日焼けしちゃうと痛いし」
あれま、見た目とは違うインドアな活発的でない子なのでした。
しかし、抱き寄せると、女の子の方から胸に飛び込んできたりとかなり積極的です。
白いビキニから覗かせる胸の谷間がとてもセクシーで、僕の息子は大きくなってしまいました。

僕「こんなにおっぱい大きいと肩とか凝らない?揉んであげようか?」
女の子「良いんですか?今めっちゃ肩凝っているんですう」

そう良うので肩を揉んであげる笑顔で喜んでおりました。
僕は、肩を揉みながらも女の子の見事に実ったおっぱいちゃんも揉みましたが
女の子「そこは凝ってませんよ(#^^#)」
とにこやかに笑って受け流してくれます。

もう、我慢できなくなった僕は、女の子の体勢を無理矢理変えさせ、ディープキスをしました。
女の子「あん、強引にされるの好き・・・」
そんな事を言うのでああ、もう堪らなくなっちゃいます。
女の子にメロメロになった僕はおっぱいを揉みながら激しいキスを何度もしました。

一瞬目を開けると女の子も目を開け、ニコッと笑ってくれます。
このままの時間が続けばと思いますが、そこは厳しい世の中。
店員がまたまたやって来て終了の時間となりました。
同僚がいるので、敢え無く延長も出来ず悲しくなりましたが

女の子「今度、一緒に美味しい物食べに行こう!」
と言ってくれました。
僕「それって、同伴?」
女の子「う~ん、同伴でなくても(#^^#)」

ありゃりゃ、プレイべートで逢っても良いのか・・・。
まあ、冗談だろうと思いながら名刺をもらいフロアを出ました。
ちょうど良く同僚と合流し、お店を後にしました。
僕「結構、良いお店だったな」

同僚「ああ・・・。今日はダメだった・・・。お気に入りの子いないし」
同僚は残念な結果で肩を落としてました。

今回の体験のまとめ

バスローブ姿は、残念ながら楽しむ事が出来ませんでしたが、ビキニスタイルの女の子との遊びにとても満足です。
何せ、かれこれ嫁の水着もずっと見ておらず、生で水着の女性なんて滅多に見れませんからね。
女の子は、2人とも爽やかな感じで、会話や接客態度も全く嫌な感じもありませんでした。

唯一悔やまれるのが、単独で今回行かなかった事。
特に2人目の子とは、あのまま朝まで一緒に過ごしたいぐらいでした。
次は、是非一人で行き、いっぱい楽しもうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました