エリア屈指の美女と楽しめる五反田CHUCHUの体験談

五反田

今回は、ハイクオリティな美女だらけと噂の五反田CHUCHUさんで遊んできたので、楽しい様子をお伝えしようと思い
ます。

エリア屈指いや都内屈指の美女軍団のお店五反田CHUCHUってどんなお店?

今回行った五反田CHUCHUさんは、五反田駅から歩いて3分の五反田佐久間ビル3階にあります。
五反田エリアのお店は、女の子のルックスレベルが高いと評判ですが、その中でもここのお店はひと際レベルが高いと噂になっております。
コスチュームも普通のドレスからバスローブ、Yシャツと多彩に揃っております。

在籍している子も綺麗系から可愛い系、女子大生やOLなど様々なタイプがいるので、どんな方でも楽しめます。
料金体系については、どの時間帯でも一定で40分8,000円となっていて、遅めの時間帯でも安く遊べるのが嬉し所で
す。
指名や同伴システムもあり、同伴料金も3,000円と安めなので、同伴で思う存分、質の高い美女と遊ぶ事も可能です。

仕事帰りいつもの歌舞伎町は・・・

仕事の打ち合わせで大崎に来ていた僕。
中々、煮詰まらず17時に終わる予定が20時になってしまいましたが、これから良い仕事になりそうです。

明日は休みだし、どっか飲みに行こうか
と後輩を誘いましたが、
後輩「すいません。これから用事ありまして・・・」
と断られてしまいました。

未来ある若者を無理矢理引っ張るわけにもいかず大人しく帰ろうと思ってましたがまた、いけないセクキャバ行きたい病
がうずきだしました。
そおだ、五反田に近いなあ
そう思った僕は、五反田へと歩き始めたのでした。

アプリで探しながら、東口付近到着し、これからお店選びをします。
バスローブ・・・。
今日はこれだ!
見つけたのが今回行ったお店。

早速、お店に向かいます。
通りは客引きがすごく、歌舞伎町に負けないぐらいの勢いです。
客引きを無視し続け、ようやくお店の入っているビルに到着。
ビル前にも数人の客引きが待ち構えてました。

その数人の客引きの一人に声を掛けてみると、見事に今回のお店の店員でした。
店員「いま、全然混んでないので、直ぐに入れますよ」
と言ってきたので、行ってみます。
エレベーターで上がりお店の前に到着。

3人のお客が帰るところでした。
受付の若い店員に初めてである事を告げるとまたまた恒例のシステム説明をされます。
店員「うちはいちゃキャバですので、服だけは脱がさないでください!
そこを何回も強調されて言われました。

(こう言われても、雰囲気で女の子が良ければ良いんでしょ。と勝手に解釈してしまいます)
料金を支払い、フロアへと案内されます。
ブースは全く遮るものが無く、キャバクラとほぼ同じな造りなので、よ~く見れば隣のお客も見えます。

はっきり見えないのは、暗い照明のおかげです。
奥の方に案内された僕は、ソファーに座り頼んだ焼酎を飲みながら、女の子がやって来るのを待ちます

1人目の女の子が登場!

やって来たのは、バスローブ姿のおっとりした女の子がやって来ました。

綺麗系というより、可愛い系なので僕的には、あまりタイプではありません。
女の子「今日は、お仕事帰りなんですかあ~」
僕「そおだよ。ホントは、17時で終わる予定だったんだけど、遅くなちゃったかたすんげ~疲れている・・・」

女の子「そおだったんですね~。お疲れ様(#^.^#)」
タイプではないが、笑顔がとても可愛いらしく、疲れた体に癒されます。
話しをしていくと、どうや違うセクキャバで働いていたらしく、お店自体が潰れてしまいこちらに来たとの事。

そういう話しをしていると
女の子「ああ、そういえばお客さんどっかで見た事あるような・・・」
僕「ホントに?因みに前に居たお店の名前は?」

女の子「●●の◯◯です。名前は■■でした」
僕「俺、全くそのお店行った事ないなあ」
女の子「じゃあ、勘違いか~」

僕「別に良いじゃん、俺の分身かもよ、そいつ」
女の子「ええ?」
そんな会話でお互いに打ち解け僕は女の子のおっぱいちゃんを触ります。
女の子「もう、まだ早いですよ。」

僕「うん、わかった」
一瞬触ったのですが、あまりボリューミーじゃない感じでどうやら、経産婦の子みたいです。
まあ、おっとりした顔つきなんで、想像はできましたが・・・。
そして、暗い店内がひと際暗くなり、ダウンタイムに突入です。

女の子「お客さんの上に乗っかて良いですか?」
僕「うん」
女の子は僕の上に跨り抱き着いてきました。
おっとりした顔つきが一変し、妖艶な表情を見せつけます。

キスはご法度なんですが、僕はおもむろに女の子の唇を近づけると、キスをしてくれました。
でも、それ以上は、あまり盛り上がらずダウンタイムも終了。
適当に会話をし、次の女の子との交代となりました。

2人目の子は・・・

案外1人目の子とは盛り上がらなかった僕は少し、残念がり下を向いておりました。
すると、明るい声の女の子が登場ました。
「初めまして(*^-^*)。お客さん、どうかしたの?」

顔を見上げると、かなり美形なスラッとした女の子がやって来ました。
スタイルは抜群で、明るい笑顔は、モデルの朝比〇彩さんにそっくりです。
しかもYシャツ姿であるので、一段とスタイルが良いのが分かります。
まさしく、少しきつめの綺麗系な顔は僕の好みです。

女の子「お客さん、下向いてげんなりしてたので、体調悪いのかと思っちゃった・・・」
僕「いやいや、調子悪くても、君みたいな綺麗な子みたら、治っちゃうよ」
女の子「わあ嬉しい。そんな事言ってくれるなんて(*^-^*)」

まさしく、好みの女の子とは会話も弾み、ドリンクもこちらから何杯も奢ってあげたくなります。
僕「なんでも好きなもん飲んで良いよ!」
女の子「良いんですか?」
僕「もう、いっぱい飲んじゃって!」

と調子の良い事言いつつ、頼んでおいた女の子のドリンクとおかわりのビールが届き一緒に乾杯をします。
しかも、コップを拭いたり、水滴をこぼさないようハンカチを僕の上に置いたりと、かなり気遣いできる子です。
話しが盛り上がるとBGMが一変し、ダウンタイムになりました。
女の子「上に乗っかって良いですか?」

僕「良いよ」
スラッとした綺麗な美脚を開き僕の上に乗っかると、女の子の方からギュッと強く抱き着いてきました。
女の子は腰をグイングインと動かし、耳元を舐めてきました。
女の子「おっぱい触っても良いよ・・・」

そう言ってくれたので、Yシャツの上から触ろうとしましたが、女の子直で触って・・・
とYシャツのボタンを外しました。
小さめのおっぱいながら形が良く、乳首をコリコリすると耳元で喘いでくれます。
そして、顔を近づけキスをしようと試みると拒まずに受け止めてくれました。

ヤバい、息子がズボンで痛い・・・
今日一、いやここ最近では一番元気であろう息子が悲鳴を上げてます。
ああ、これがお風呂屋さんやデリやったらなあ・・・
我慢できなくなり

僕「ねえ、チャックだけ開けて良い?」
女の子「えっ?どうしたの?」
僕「いや、恥ずかしいんだけど、下の方が元気になっちゃって・・・」

女の子「あら、そんなに元気なの?」
女の子は何も言わず僕のズボンのチャックを下ろしてくれました。
すると、軽くパンツ越しに触り
女の子「ああ、ホント。元気になってるう(*^-^*)」
僕「ごめん・・・」
女の子「別に気にしないで。少し楽になった?」

僕「うん、ありがとう」
女の子「良かった」
そう言いながら再びぎゅう~と強く抱き着きキスを何度もしてくれました。
その間も、Yシャツは大きく開けられ、胸が露わになっております。

そして、BGMが元通りになりダウンタイム終了です。
女の子はそれでも、僕の上から降りようとしませんでした。
僕「あれ、いちゃいちゃタイム終わったんじゃない」
女の子「うん、ちょっと・・・」

女の子は恥ずかしいそうな顔をしておりましたが、何かしたのでしょうか。
ようやく僕の上からおり耳元で
女の子実は、お客さんのものが当たって少し本気で感じてしまいました・・・
僕「えっ、そうなん?」
と僕も息子が我慢汁で濡れているのを感じ取りました。
まあ、お互いに少し気持ち良くなったんなら良い事でしょう。
残念ながら、楽しい時間は店員がやって来て終了を告げられます。
延長したいのですが、帰りの電車に間に合わない時間でしたので、名残惜しく帰る事にします。

女の子「また、来て下さいね」
首に軽くキスをしてもらい、ブースから立ち上がり、そのままお店を後にしました。

まとめ

今回は、1人目の子が少し残念でしたが、2人目の子が大当たりで、かなり楽しい時間を過ごせました。

しかしながら、1人目の子もきちんとキスを受け止めてくれたりサービスに関しては文句のつけようがありません。
2人とも、フリーのこんなお客にも濃厚なサービスをしてくれたのは、とても良かったです。
特に2人目の子にもう一度行きたいのですが、連絡先、名刺もなく、情報を得る事が出来ないのが悔やまれます。
(まあ、自分のミスなんで仕方ないです)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました