禁断の水鉄砲プレイで美女をビショビショにできちゃうお店minxの体験談

渋谷

セクキャバの激戦区でもある渋谷エリアでも。
他店とは違って水鉄砲で思う存分可愛い子ちゃんをビショビショ濡らして、遊べると噂のminxさんで、僕は思わぬ事ができたのでその時の模様をお伝え致します。
※僕が出来たプレイは、本来はぜ~たい出来になるレベルなので、真似はしないでね。

こんな事できちゃうの? 誰でも必ず楽しめるminxってどんなお店?

今回遊びに行ったお店は、渋谷駅から歩いて3分の第2大番ビル3階にあります。
普通に見かけるギャル系や清楚系、綺麗系、可愛い系など、様座なタイプの女の子が多くおり、どの子もノリの良い若い子ばかりです。
そんな厳選された美女が普通の格好でなく、大きめのYシャツやTシャツを着て接客してくれ、しかも水鉄砲でビショビショに濡れされまくれるという他店では決して実現できない、夢のような事が出来ちゃいます。
料金設定は、どの時間でも40分8,000円となっていて、遅めの時間でも一律の料金で遊べるのは良いです。

むろん、同伴や指名、延長もできますが、同伴料金が少し高めなのが残念な点です。
因みに、水鉄砲オプションは10,000円と高額なので、遊ぶ時にはご注意を!

渋谷には、結婚式以来かあ・・・

渋谷は、いつも休みの日でも来ない場所です。

だって、道玄坂なんて、俺みたいなおっさんが来ても似合わないし、家族で来るにも少し違うかなと思ってしまいます。
しかし、お休みであった当日、僕は余りに暇だったので渋谷近辺でぶらぶらとしておりました。
家に帰っても一人で、嫁と子供たちは、嫁の実家にお泊りしている状態でした。
(決して、家庭崩壊ではないので)

そんななので、ネットカフェで過ごしていたら寝てしまい、時間はあれよあれよ過ぎて20時に。
うわ、やば・・・
何もネット検索せずにただ単に寝てしまい、思わぬ料金にビックリしてしまいました。
このまま、帰るのあれだし、キャバでも行くか

そう思った僕は、若者が歩き回っているの見ながらネットでお店を検索。
先にも言ったように滅多に渋谷には来ないので、詳しくはありません。
すると、Yシャツコスプレの今回のお店を発見し、初めてなので行ってみる事にしました。
歩いて行くと、とてもセクキャバがあるように思えない飲食店が立ちならぶエリアに着きました。

しかし、お店の入っているビル付近では、客引きが多く立っており、いかにもといった匂いがプンプンとします。
すると一人の客引きが声を掛けてきました。
客引き「すいません、お兄さんどっか決まっているの?」
僕「既に、決まっていますね」

客引き「それは、残念だなあ。良かったら、そっちのお店終わったらうちに顔出してよ。水鉄砲で遊べちゃうよ!」
あれま、声を掛けてきたのが目的のお店の客引きでした。

僕「いや、お兄さんのお店に行こうとしてたんだよ」
客引き「そうなの?じゃあ、案内するよ。一人?だよね・・・」
僕「そおです」
そんなやり取りが続き、一人の入店ならスグにいけるとの事で客引き店員と一緒にエレベーターに乗り込みました。
3階に着いたら、少し階段を上り、お店がありました。

入口にはイケメン店員が立っており、そのまま受付に案内されました。
初めての入店という事で少し飽き飽きしているシステム説明がされます。
クーポンがあったので、スマホで見せると50分5,000円にしてくれました。
どうやら、ここのお店はいちゃキャバらしいのだが、服を脱がさない限り、生でのおっぱいのお触りはOKとの事です。

水鉄砲のオプションはどうされますかと聞かれたが、余りにも高い価格にお断わりさせていただきました。
スグに案内され、フロアに向かいます。
フロアは、遮りはなくオープンスタイルで、過激ないちゃつきはできないようです。
(後々、僕は少し過激な事をしちゃいました)

頼んでおいたビールが運び込まれ、ビールを飲んでいると早速今日の女の子がやってまいります。

一人目にやって来たのは・・・

やってきたのは、武井〇ちゃんにそっくりな可愛い子がやって来ました。
失礼ながら、もしかしたら、武井〇ちゃんより可愛いかもしれません。

スタイルも抜群で、白いYシャツよりもビキニになって欲しいぐらいのスタイルです。
女の子「△△です。よろしくお願いしま~す(#^^#)」
笑顔も素敵過ぎて、ハ〇キ〇―〇のCMのように、お尻で潰されたいです。

なので、ダメ元で
僕「ねえ、△△ちゃんのお尻で僕の顔を踏んでくれない?」
女の子「ええ、お客さん何を言っているんですか~。そんな事できないですよ~」

僕「ドリンクプレゼントするからお願い!」
女の子「ええ・・・・。場内もしてくれたらやってあげてもいいかな・・・」
と女の子は条件付きで悩みながらOKしてくれました。

いやあ、言ってみるもんです。
女の子「もしかして、ハ〇キ〇ー〇でしょ。」
僕「そうそう。だって君、武井〇に似ているもん」

女の子「うん、良く言われるなあ。だから、それでかあ~と今分かった(*^-^*)」
と女の子は答え、僕は早速ソファーに寝ころびました。
当然、タダ単にやるのも面白くないので

僕「ねえ、ちゃんと踏むときは、一瞬でね。その時、「キャッ!」と言って。
その後、ハートマーク作りながら「〇〇(僕の名前)だ~い好き」って言うんだよ!」

と事細かにリクエストします。
女の子「ええ~、そんなに細かにやるの・・・」
僕「そうしないと盛り上がらないじゃん。お願い!!!」

女の子「うん、わかったよ。でも、ホントにお客さんって明るくて面白いね」
寝ころんだ僕の顔の上に女の子のお尻が近づきます。
Tバックであろう黒い下着の姿もまた絶景であります。

そして、いよいよ踏まれます。
女の子「キャ!・・・。〇〇だ~い好き」
僕「(拍手)・・・」

女の子「もう・・・、ホントに恥ずかしいです・・・」
僕「いやあ、良かったあ~。もう、満足だよ。君のお尻の感触も良かったし・・・」

女の子「スケベww(^^)/なんだから~。でも、何か楽しい!(^^)!」
僕「俺も、良かった。だって、なかなかそんな事してくれないからね。しかも、似ている人からやってくれるのが良いんだよね」
女の子「もう、早くドリンクちょうだい!!!」
そう言われたので、ドリンクプレゼントと場内指名をします。

女の子のドリンクとおかわりのビールが運びこまれ、乾杯を交わします。
このまま女の子の交代も無いので、会話をしていきます。
やはり、武井〇に似ている為、武井〇が出ていてOLのドラマで盛り上がります。
すると、寸劇があまりにもこだわり過ぎてしまい、時間があっという間に立ってました。

あれま、これからのお楽しみなのに、どうしましょう・・・

店員が来て女の子の交代となりましたが、僕は女の子とそりが合うため、このまま指名延長する事にしました。
女の子「わあ~ありがとう。私で良いの?」

僕「いやあ、今日は△△ちゃんでないと楽しめない感じだよ」
女の子「もう、嬉しい(#^^#)」
そう言うと、女の子は、僕の腕を掴みながら、甘えてきました。
僕は、まんまエ〇ザ〇ルのタ〇ヒ〇です。

僕「ねえ~、こういう時は、(ハートマークを作りながら)〇〇だ~い好きって言わないと!」
女の子「そうだよね。〇〇だ~い好き!」
僕「もう、可愛いんだから」

女の子の頭をなでなでしながら、甘えに応え女の子の顔に近づきキスをしました。
最初は軽くし、徐々に舌を絡める濃厚なキスへを変えていきます。
女の子は拒む事もなく、きちんと受けてくれます。
徐々に盛り上がり、楽しい感じからエロい雰囲気になっていきます。

Yシャツから覗かせる小さめのおっぱいちゃんは、乳首がビンビンに立っているのを確認できました。
それは、Yシャツの上からもハッキリ分かるぐらいビンビンで、このままYシャツを脱がしたくなってしまいます。
我慢できなくなった僕は、女の子のYシャツのボタンをキスをしながら外して行くと
女の子「全部は、外さないでね」

僕「うん、でも△△ちゃんの綺麗な胸をどうしても触りたくて・・・」
女の子「もう、ホントスケベww(*^-^*)」
そう言いながらも、拒む事もしませんでした。
ボタンを3つほど外すと、小さいながらも綺麗な形の推定Bカップの胸がお目見えします。

乳首をコロコロさせながら、揉んであげると目をうっとりとさせ、妖艶な表情を覗かせます。
段々、とお腹あたりにも手を伸ばし摩ってあげると
女の子「ああ~んん・・・」
耳元で何度も喘ぎました。

その喘ぐ声がまた、そそられる声で、このままやっちゃいたくなってしまいます。
女の子「〇〇さん、ホント触るの上手ですね」
僕「そんな事ないよ」
女の子「だって(僕の手を取りながら)、こんなに手が綺麗だし、爪も手入れされているから」

僕「どこから、どう見ても、オッサンの手にしか見えないけどなあ・・・」
何度も褒めてくれるので、ほっこりしちゃいます。
本当は、水鉄砲オプションで遊びたかったのですが、なにやら既に僕の下の方は我慢汁で濡れてしまっているので、オ
プションで遊ばなくても充分でした。

このまま、女の子は頭を僕の肩に乗せずっと甘えてくれました。
僕は、女の子の肩を抱き寄せ、二人はまるで、恋人同士の様に過ごしました。
もう、会話をしなくても良いぐらいの雰囲気の中、店員がやってきて終了の時を告げます。
店員「どうされますか?延長いたしますか・・・」
少し、迷いましたが、自制心も大事という事でストップをしました。
普通は、女の子はええ!!!!、なんで延長してくれないの~という顔や言葉を発するのですが、この子は・・・
女の子「ありがとう。これ以上○○さんといると溶けそうです・・・」
とマジで俺に惚れた?
と思わせるような事を言ってくれました。

冗談だろうと思いますが、やはり言われるのは嬉しいです。
最後に名刺をキチンと貰い、再会を約束し、ブースから出ました。
フロントまで見送ってもらい、お店を後にしました。

まとめ

いつもは、絶対に最初の女の子から指名延長しない僕なんですが、しちゃいました(まあ、流れでそうならざるを得なか
ったんですが)。
オプションの水鉄砲こそしておりませんが、僕はお尻踏まれできたので、大満足です。
残念ながら、他の女の子については余り、情報を得る事が出来ませんでしたが、どの子も可愛い感じで、ぽっちゃり系は
居ないようでしたので、ハズレは無いと思われます。
ついてくれた女の子もどんな事にも拒む事なくしてくれ、雰囲気も抜群でしたので、またリピートで行きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました