日中から妖艶な人妻とお酒を楽しめるClub妻の体験談

新宿・歌舞伎町

今回は、セクキャバでは珍しい人妻専門のお店であるClub妻さんで遊んで来たので、その時の模様を書いていこうと思います。

人妻ならではの大胆で濃密なサービスが自慢のClub妻ってどんなお店?

今回行ったClub妻さんは、新宿駅から歩いて5分のコリンズ37ビル2階にあります。
デリヘルでは、多くみられる「人妻」系のお店ですが、セクキャバではほとんどありません。
「Club妻」さんは、人妻専門という珍しさもあり、エリアでもコアなファンに根強い人気があるお店です。
また、日中から営業している事もあり、夜勤等で遊べなかった方でも気軽に行く事ができます。

在籍している女の子は、30代中心の女性で、若妻系から熟女系まで幅広い年代のエロい淫乱な女性がおります。
料金体系は、日中の12:00までの入店で40分4,000円、12:00以降は40分5,000円と他店よりかなり安く遊べま
す。
同伴システムもあるので、お店の人妻さんと「なんちゃって不倫」を味わう事が出来ます。

新宿の電気店に来ておりましたが・・・。

当日は休日で、一人でHDDを買いに新宿に来ておりました。
渋谷でも良かったのですが、某ヤ◯ダ電機が新宿は2店舗もあり色々楽しめそうなので。
無事に安くHDDは購入でき、そのまま帰ろうと思いましたが、財布にはまだ余裕があり、吉原のお風呂屋さんにでも行こうと思ってました。
しかし、何故か僕はセクキャバのある方向に向かっておりました。
いいや、セクキャバで遊んでいこう・・・
そうやってぶらついているうちに今回遊んだお店の入居しているビルに到着。

看板には「CLUB妻」と書いてあり、飽きつつあった歌舞伎町のセクキャバですが、人妻系には行った事ないなあ~
と思い入ってみる事にしました。
2階に上がると店員がお店の前に立っていて、聞いてみるとスグに遊べるとの事。
システム説明されないまま、手を消毒し、フロアへと案内されました。

エレベーターからフロアまでの時間は、ものの数分です。
やはり、日中という事でフロア内のお客はまばらです。
あまり、閑散していると会話が丸聞こえで僕的には宜しい感じでないのですが・・・。

いよいよ一人目の子がやって来ました。

頼んでおいたビールを飲みながら待っていると
「こんばんは~」
か弱そうなスレンダースタイルの30代であろう女性がやって来ました。
やはり、他店のセクキャバの子より年齢が高めで可愛い感じの印象ではありません。

残念ながら顔もあまり美形でなく、近所でよく見る普通の若妻さんと言った感じの女性です。
彼女は、僕の隣に座るなり脚をのっけてきて濃厚なディープキスをしてきました。
いきなりの積極的なプレイに少々驚きながらも、雰囲気は盛り上がります。
キャミソールの上から胸を揉むと、やはり子供を産んだであろう少しくたびれた胸でした。

まあ、この感触は、人妻系を好みの人には堪らないと思います。
彼女は、そのまま上に乗っかり激しく腰を動かしてきます。
僕の耳元で低めのいやらしい声を出すのは、若い人とは違いとてもエロいです。
彼女気持ち・・いい・・・

何度もそんな事を言ってくるので、段々盛り上がりますが、店員がやって来てしまい終了となりました。

2人目の人妻さんは・・・

次にやって来たのは、またまた同じ感じのスレンダーな女性でした。
こちらの女性も座るなり、いきなり抱き着いてきたり、ディープキスしてきたりと、積極的です。

会話やビールを飲む暇もないほどベロベロとキスをしてきます。
しかも、キャミソールを自ら脱いで僕の顔の前に胸を差し出してきました。
1人目の女性とは違い、形は全く崩れておらずとても綺麗で、乳首も見事なピンク色。
揉みながらレロレロすると、激しくのけ反りながら、このまま乱れてくれます。

このまま、エ◯チしそうな勢いで、息子も大きくなってしまいました。
彼女「美味しいですか、私の体・・・」
僕「うん、最高です!」
彼女「・・・」

無言で答えるとひと際激しく抱き着いたところで時間となりました。
彼女「また、遊びに来てね」
別れ際、激しいディープキスをしてくれ彼女とお別れとなりました。

3人目は・・・

流石に、濃厚な2人とのプレイにお腹がいっぱいになりますが、そんな事はいざ知らず3人目の女性がやって来ました。
3人目の女性は、20代の感じで若く、◯山◯春さんに似ている美女でした。
しかも、先程の2人とは違い、会話から入ってくれます。
女の子「私みたいなおばさんですいません・・・」

僕「いやいや、何を言っているんですか。それこそ、僕みたいなオジサンでごめん」
女の子「そんな、お客さんなんてお兄さんですよ(*^-^*)」
僕を褒めてくれるので、とてもほっこりします。

彼女の年齢を聞くとビックリの年齢。
とても3◯歳には見えません。
そんな美女は僕のビールを口に含むと僕に口移しで飲ませてきました。
彼女の香水の匂いと良い、既に息子は大きくなってます。

女の子「上に乗っかって良いですか?」
僕「うん、どうぞ!」
彼女は僕の上に乗っかり胸を僕の顔に押し込んできます。
胸も香水の匂いがして幸せな気分になりました。

すると、
女の子「舐めて良いですよ」
と言ってきて胸を露わにさせます。
綺麗な乳首を思い切り吸い付くと、彼女は耳元でエロく喘いでくれます
このまま挿れてしまいたい

そんな感じになってしまいます。
と盛り上がって良い感じになると交代の時間となりました。
指名延長したい感じでしたが、この子は本日はできないとの事で、名刺を貰い、後日再会する事を約束し、お別れとなりました。

いやあ、お腹がいっぱいになり満足したところでその場から立ち去ろうと思いましたが
女の子「お客さん、帰るの?もう一人くるよ」
と言われ、4回転制だった事をすっかり忘れておりました。

ホントにこれで終了の4人目・・・

「待ちました?」
本日最後の女性は、30代の3人の中で一番美形な女性がやって来ました。
キャミソールから覗かせるスタイルは、スレンダー過ぎない妖艶なスタイルで、顔は、美形すぎて何とも言えません。

逆に、緊張してしまい僕からの会話を振れません。
彼女「少し、お疲れ何ですか?」
僕「いやあ、まさか4人の女の子が来るとは思ってなかったんでね」
彼女「じゃあ、ゆっくりしようか、ここに寝て良いよ」

彼女は、膝枕してもいいよというので遠慮なく彼女の生の太ももに頭を下げます。
しかし、ゆっくりするどころか逆にまた興奮してしまい、顔を彼女の三角地帯に近づけました。
暗くて見えませんが、恐らく白いセクシーなショーツで間違いなく、一段と興奮してしまいました。
彼女「あれえ、お客さん元気になったあ!(^^)!」

僕「君があまりに綺麗だから」
彼女「そんな、こんなおばさんに言わないで(;^ω^)」
謙遜しますが、そんじゃそこいらの女性は彼女には太刀打ちできないです。
僕は起き上がり、彼女を抱きしめディープキスをしました。

彼女も舌を強く絡めてきたり積極的です。
しかし、またまた楽しい時間が店員がやってきて終わりを告げられます。
指名延長をお願いしましたが、OKで、このままたっぷりと彼女と楽しみました。
最後フロアから出る際にも濃厚にキスをして、お店を後にしました。

まとめ

初めてであろう人妻専門のお店でした。
やはり、サービスは、他店と違い濃密なものでした。
キャストの年齢が高めながら

今回は4人中2人は、かなりの美女で楽しめました。
残りの2人は、美形とはいきませんが、逆に会話はそこそこに時間いっぱいサービスしてくれたので、良かったです。
ただ、4回転では、体力的にきついのできちんと体調や雰囲気(行くぞ!という心意気)を整えていった方がより楽しめると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました