妖艶な雰囲気の花魁姿の綺麗な子と楽しく遊べる京乱での体験談

新宿・歌舞伎町

今回は、和をコンセプトに花魁姿の美女と遊べると話題の京乱さんに突撃してきました。
後ほど、少しびっくりな事が
起こったので、お読み頂けたらと思います。

江戸時代にタイムスリップ!そんな京乱とはどんなお店なの?

今回お世話になった京乱さんは、西武新宿駅南口から歩いて1分のフィルドニアビル地下3階にあります。
ここのお店は、和をコンセプトにしたお店としては、歌舞伎町の中でも老舗中の老舗で、日中営業している京乱朝と共に人気店となっております。

在籍している女の子は、京乱朝同様にレベルの高い20代前半の子が多く在籍しておりますが、京乱朝より年代
は低めの印象です。
料金体系についてですが、時間帯によって料金が変わり、オープンから22:00までは40分10,000円、22:00~ラ
ストまでは40分12,000円と少々高めの料金設定となっておりますが、他店が3回転システムの所、2回転システムを採用しているので、ゆったり遊ぶ事ができます。
また、普通のキャバクラ同様に同伴や場内指名できますが同伴料金が25,000円とかなり高額なのが痛いところで
す。

もう僕の主戦場となった歌舞伎町。

今回は、以前に行った事のあるお店に行きます!
すっかり、歌舞伎町は僕の庭になって来ました。
もう、夜の歌舞伎町も不安なく一人で歩く事ができるようになったのがとても怖いところであります。
でもね、そういった時に限って、ぼったくりに遭う可能性が高いので要注意です。

当日も仕事の疲れを癒すために、新宿歌舞伎町へと足を運んでおりました。
女の子ああ!お兄さんいつも見る!今度来てよ!
ガーズバーの可愛い店員が客引きをしておりました。
このガールズバーの店員とは毎回逢ってしまい、いつも声を掛けられます。

まあ、行っても良いのですが、やっぱいちゃつけるセクキャバの方が良いんですよね。
今回行くお店は、以前に日中に行っており、その時は、かなり楽しめたので夜も行きたいと思っておりました。
記憶を遡り、歩いて行くと目的のお店に到着、近くに店員が立っていて声を掛けてみます。
僕「すいません。今遊べますか?」
店員「少し、確認します。(無線で聞いていると)あっ、大丈夫ですよ、どうぞ」
エレベーターで店員と一緒にお店に向かいます。

僕「今日って、混んでいますか?」
店員「今日は比較的空いてますね。でも、僕ら空いていると困るんですけどね(-_-;)」
そんな他愛もない会話の後に、お店に到着し受付に案内されます。

受付には、先程の店員とは違った感じの、か弱そうな店員が対応してくれました。
以前に日中に来た事もある事を告げると、システムの説明は簡単に終わり、マウスウォッシュを済ませた後にフロアへ案内されました。
フロアは前に来た時のようにお香が焚かれていて、既に「和テイスト」を感じとる事ができます。

土足厳禁のフロアなので、靴を手提げ袋に入れて、ブースへと向かいます。
障子で区切られたブースはとても和風な感じなのですが、ソファーが置かれているので違和感たっぷりです。
ビールを煽り、少し待っていると一人目の女の子がやって来ました。

一人目の女の子は・・・

こんにちは!
最初にやってきたのは、ショート金髪ヘアの明るい感じのギャル系の女の子でした。
そういえば、以前に日中に来た時も最初の女の子はギャル系の子だったような・・・。
黒い花魁衣装があまり似合いませんが、スタイルや顔立ちが抜群なので、衣装などは気になりません。

僕「君、若いね。何歳?」
女の子「もう、21ですよ。疲れやすくてもう歳ですよ・・・」

僕「良いなあ。俺の半分もないじゃん歳・・・」
女の子「えっ?そうなんですか。お客さんっててっきり30歳くらいかと思いました!」

僕「結構、歳より若く見られるけど、それってガキっぽいって事?」
女の子「そんな事ないですよ!ホントに40歳には見えないです!」
僕「まあ、そんなに褒めても何も俺は出来ないよ!」

と楽しく会話をしていきます。
すると女の子の方から手を繋いできて濃厚なディープキスをしてきました。
容姿通りに、積極的な子です。
女の子お客さんの上に乗っちゃいますね

僕「うん、気を付けてね」
女の子「は~い(*^^*)」
僕の上に乗っかると華奢な体をこれでも密着してきます。
香水もきつくなく、若い子特有の良い匂いが興奮させます。

女の子と目が合う度にキスをして、お互いに盛り上がっていきます。
僕「ねえ、このまま脱がせて良いの?」
女の子「良いですよ(*^^*)」
そして、黒い着物を脱がせると小さめの可愛いおっぱいがお目見えします。

女の子あんまり見ないで・・・
僕「だって、可愛いんだもん・・・」
女の子「小さいから、ホント恥ずかしい・・・」
微乳好きの僕にはぴったりのサイズであり、思わずしゃぶりつきます。

乳首も小さく、ホント可愛いおっぱいです。
そして、再び濃厚なディープキスを繰り返し楽しんだ所で、店員がやって来ました。
店員「すいません。そろそろ交代となります」

女の子「ええ、これからだったのに・・・」
僕「ホント、セクキャバっていい時に時間が来るよね」
女の子「ごめんね。もし指名してくれたら居れるんだけどね」

僕「・・・(;^_^A」
ハイ、いつも指名して欲しいと女の子から言われると何も言わずに笑顔で無言でNOとする僕なのでした。

2人目の女の子がやって来ます。

えっ!!!!!(衝撃でした!)

「初めましてえ~■■です」
続いてやって来たのは、少し衝撃を受けてしまいました。
だって、自分の娘に似ているんですから・・・。
一応、女の子と会話をしていきます・・・。

僕「着物姿が可愛いね(#^^#)」
女の子「ありがとうございます。でも、少し大きくてガボガボです・・・」
僕「いや、そんな所が可愛いんだよ」

女の子「もう、そんな事言ってくれるなんて優しいんですね」
思ったよりも普通に会話ができたので、楽しいんですが、やっぱりどうも娘にしか見えません。
なので、女の子とキスをしたりする雰囲気に到底なれません。
(決して、女の子が悪いわけではないので!)

女の子「お客さんの上に乗って良いですか?」
僕「う・・うん・・・」
少し、迷いましたが上に乗ってもらう事にしました。
もう、心の中では、娘と変な事してしまっている罪悪感が浮き上がってきます。

女の子「お客さん、どこが弱いですか?」
僕「俺?耳が弱いかな・・・」
(娘に何を言っているんだ!)

すると、女の子は小さな体で思いっきり抱きつき、耳を舐めてきました。
その後、小さな体に似合わない濃厚なディープキスをしてきますが、何か盛り上がれませんでした。
これ以上やると、ホントに何か悪い事が起こりそうと思ってしまい
僕「ねえ、お話ししようよ」

別に会話をしなくても良いのですが、プレイを止めるためにそう言いました。
その後は、普通に他愛もない会話をして終了となりました。
この時、女の子に年齢を聞いたら、普通に24歳との事。
でも、やっぱり見た目が娘なんだよなあ・・・。

あっ、娘がこんな所で働いていたら少し悲しい気持ちになりますね。
(お前が言うな!)

今回の遊びのまとめ

う~ん、今回は全体的に楽しむ事はできませんでした。

日中に来た時は、すっごい、綺麗な子と遊べ大満足でしたが、2人目の子が娘そっくりだったので、罪悪感満載でそれどこ
ろじゃありませんでした。
僕としては、やはりここのお店は、日中営業の方が女の子のラインナップ的に合っている模様です。
あと、和をコンセプトにしているので、ソファーだけは何とかしてもらいたいのと、お酒の種類もビールや安い焼酎ばかりでなく日本酒を飲めるようにしたらもっと和を感じられると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました